QR Code Business Card

SIGMAの高倍率ズームレンズが便利!標準レンズ2本分がこれ1本でOK!

SIGMA高倍率ズームレンズが便利!標準レンズ2本分がこれ1本でOK!
 焦点距離が標準キットレンズ2本分をカバーする、高倍率ズームレンズを入手しました。広角から望遠まで大きくカバーしていますので、標準キットレンズをいちいち交換する必要がなくなりました!噂通りビシッとシャープに写りますので、これは便利な万能レンズです。



SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
[クリック拡大]

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM – 株式会社シグマ
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM – 株式会社シグマ特設サイト



※キヤノン用やニコン用などそれぞれマウントを選べます。


 今までは、Web制作でもプライベートでも、標準キットレンズでガシガシ撮っていましたが、やはり仕事となると、現場でレンズの交換が煩わしく、短時間とはいえ、立ち会って頂いているお客さんを待たせることが気になっていました。

 撮影対象の距離が常に一定であれば、同じレンズで問題ないのですが、Web制作に使う写真だと、業種もさまざまですし、遠くから近くまで、何をどのアングルで撮影するかはそこへ行ってみないとわかりません。そのため頻繁にレンズを交換する必要が出てきますが、交換している間に良いチャンスは逃しますし、ガッカリすることが多く困っていました。

 そこで広角から望遠まで、標準キットレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」の2本分の働きをする、高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」を導入することにしました。



標準レンズ2本との差はあまり感じない


標準レンズ2本とSIGMA 18-250mm
[クリック拡大]

 このSIGMAのズームレンズを使い始めてしばらく経過するのですが、標準レンズ2本との差はあまり感じません。写りの違いはほとんど無いように思います。

 ただ、ものすごく軽いEOS Kiss X7につけて使っていますので、初めて使ったときは、ズームレンズ特有の重さが少しだけ気になりました。

レンズ重量
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM205g
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II390g
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM470g

 SIGMA 18-250mmは、標準の望遠レンズ390gより少し重いくらいになりますので、女性の方でX7などの軽い本体をお使いの方は特に、軽さを重視するのか、レンズ交換が不要になる点を重視するのか、優先順位を考えておく必要があると思います。(EOS Kiss X7だと、普段標準のEF-S18-55mmをずっとつけていて、急にSIGMA 18-250mmに変えると、多少ズシッときます)


 私の場合は、もちろんレンズ交換を無くしたかったので、一気に撮影が快適になりました。標準レンズ2本(205g+390g=595g)よりは軽いので、持ち運び重量は減りますし、カメラ本体+レンズでこの程度の重量増なら平気です。



望遠側の撮影比較テスト


 私の目から見て、SIGMA 18-250mmと標準キットレンズ2本の写りにはほとんど差は感じませんが、ネットのレビューを見ると、SIGMA 18-250mmは「望遠端が暗い」とよく書いてありますので、一番望遠側にした状態で、標準キットレンズのEF-S55-250mmと撮影比較してみました。



望遠側撮影テスト
[クリック拡大]

 約500m離れた建設中のマンションを、最大望遠で撮影してみました。撮影した時間が夕方だったため、光が少しオレンジがかっています。

 赤い囲みの部分の1〜4の箇所を等倍で並べてみました。



撮影比較1


撮影比較1
[クリック拡大]

 写真のほぼ中央部です。ほとんど差は感じられませんが、ほんの少しだけSIGMA 18-250mmの方がシャープかもしれません。誤差範囲でしょうか。



撮影比較2
[クリック拡大]

 SIGMA 18-250mmの方はコントラストが高めでしょうか。EF-S55-250mmは滑らかに写っています。明るさは屋外だからなのか差はあまり感じません。



撮影比較3
[クリック拡大]

 SIGMA 18-250mmがシャープに写っています。



撮影比較4
[クリック拡大]

 SIGMA 18-250mmは、建物の縁の部分が紫に光っています。EF-S55-250mmは同様に光るものの、かなり抑えられ滑らかな印象です。これは等倍で見ないと気がつきません。






 等倍でそれぞれ比較してみるとこのような感じでした。細かくは一長一短ありますが、総合して標準レンズとの差はほとんど無いように感じます。SIGMA 18-250mmの望遠端付近が若干暗いというレビューが多いですが、昼間の屋外ならあまり気にしなくても良さそうです。

 なんにせよ私に取っては、写りが標準レンズと概ね同等であれば、レンズ交換の必要がなくなっただけでも十分恩恵があります!これ以上の写りを求めるなら、高額予算が必要になってきますので、とりあえずこれで頑張ってみようかと思っています。


 標準のダブルズームレンズキットを持ってて、レンズ交換でシャッターチャンスを頻繁に逃して悔しい思いをしている方には、このような高倍率ズームレンズの導入がおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)