QR Code Business Card

フリーのGIMPを使って顔写真を一瞬で美肌する方法!

 昨日はPhotoshopを使って、お手軽に顔写真を美肌にする方法をご紹介しました。それを見た友人に「Photoshopはハードルが高い。フリーで写真を美肌にできないの?」と聞かれましたが、フリーソフトを使っても写真の美肌化は可能です!

 と言うことで、今回はフリーの画像編集ソフト「GIMP」を使った美肌化の方法をご紹介します!


 基本的には、Photoshopを使った美肌化と同じ作業を、GIMPを使って行います。ただし今度はPhotoshopと違い、アクションファイルを使いませんので、それぞれ手動でフィルターをかけます。

 といっても、3つフィルターをかけるだけですので、簡単な作業です。では詳しく説明します。



フリー画像編集ソフトGIMPを準備する


高機能フリーグラフィックソフト GIMP2を使おう

高機能フリーグラフィックソフト GIMP2を使おう

 まずは上記よりGIMPをダウンロードして、インストールして下さい。





フィルターを適用する


美肌加工 元画像

 それでは順番にフィルターをかけていきましょう。テスト画像は前回のPhotoshopの時に使用した画像を使います。


フィルターの適用範囲を選択する


フィルターの適用範囲を選択する

 なげなわツールなどで、美肌にしたい部分を選択します。





フィルター – ガウシアンぼかし


フィルター - ガウシアンぼかし

 上部メニュー「フィルター」→「ぼかし」→「ガウシアンぼかし」を使用します。あまりやり過ぎると不自然になりますので、ぼかし半径はこの画像なら、水平4.0px、垂直4.0pxくらいで設定しました。この辺は写真に合わせて設定して下さい。





フィルター – ノイズ(拡散)


フィルター - ノイズ(拡散)

 次にほどよくノイズを入れます。上部メニュー「フィルター」→「ノイズ」→「拡散」を使用します。拡散量は軽くして、水平2px、垂直2pxくらいで設定しました。





フィルター – ガウシアンぼかし


フィルター - ガウシアンぼかし02

最後に再びぼかしを入れます。ノイズの分をなじませる感じです。ぼかし半径は、水平2.0px、垂直2.0pxくらいで設定しました。これで完成です。





美肌加工例


元画像

美肌加工 元画像


加工後

美肌加工 加工後



 このようにそんなに複雑にフィルターを使っているわけではありませんので、GIMPでもなんとか再現できました。あとは写真に合わせて自然になるように、設定値を調整すれば良いと思います。(上の写真は少しフィルターがかかりすぎかも……)









SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)