QR Code Business Card

注目の7インチタブレットを比較!「Kindle Fire HD」登場で激戦に!

 Amazonが新型の「Kindle Fire」シリーズを発表し、7インチ仕様がある「Kindle Fire HD」が登場しました!来週発表されると噂の「iPad mini」も控えていますので、ますます7インチタブレットは激戦です!

 今回はとりあえず、現在出揃っている、注目の7インチタブレット端末、新型の「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」、そしてGoogleの「Nexus 7」のスペックを比較しました!


注目の7インチタブレット比較


Kindle Fire(無印)Kindle Fire HDNexus 7
特徴CPUとメモリーの強化により、従来機よりパフォーマンスが40%向上。「新 iPad より41%速い」デュアルバンドMIMO WiFi、Dolby Audio デュアルステレオスピーカー搭載。ゲームに強い、NVIDIAの「Quad-core Tegra 3」を搭載。
ディスプレイ7インチ
1024×600
IPS液晶
7インチ
1280×800
IPS液晶
7インチ
1280×800
IPS液晶
CPU1.2GHz
デュアルコア
TI
OMAP4430
1.2GHz
デュアルコア
TI
OMAP4460
NVIDIA
Quad-core
Tegra 3
メモリー1GB RAM(1GB RAM?)1GB RAM
重量400g395g340g
大きさ縦189mm
横120mm
高さ11.5mm
縦193mm
横137mm
厚さ10.3mm
縦198.5mm
横120mm
厚さ10.45mm
ストレージ容量8GB16/32GB8/16GB
価格159ドル199/249ドル199ドル

 主要なスペックはこのような感じです。やはり価格面では、159ドルと旧Kindle Fireをリニューアルした新型が断然有利ですね!スペック的に許せるならこれも有りです。

 また重さという面では、Nexus7が340gと他機種よりも50gほど軽いです。7インチタブレットは携帯性を求めているはずですので、この50gのアドバンテージは大きいように感じます。



 それぞれ販売については、Kindle Fire(無印)及びKindle Fire HD 7インチモデルは、アメリカで9月14日出荷開始とのこと。日本での発売は現在未定です。

 Kindleは、Amazonの電子書籍の扱いが日本でどのようになるのかで、シェアが大きく左右されそうですよね。

 GoogleのNexus7は日本の技適を通過したとニュースがありましたので、もうまもなく日本で販売されると予想されます。サポートがどうなるのか?という心配の声も聞こえます。



 さてさて、あとはここにiPad miniがどのように食い込んでくるのか注目です!

 圧倒的に有利に立とうとするのであれば、やっぱり「Retinaディスプレイ搭載」が欲しいところです!解像度が異常に高いというのであれば、多少価格が高くても非常に魅力的ですよねー。






SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)