QR Code Business Card

Googleマップ嫌われすぎ!foursquare、Appleに続きウィキペディアもOpenStreetMapに変更決定!

Googleマップ
 先日、GPSを使った位置系SNSのfoursquare、そしてAppleもGoogleマップから、オープンデータに基づく地図「OpenStreetMap」に変更しました。そしてさらにウィキペディアまでもが、OpenStreetMapに変更すると発表しました。なぜそこまでGoogleマップが嫌われているのでしょうか?


 まず最初にOpenStreetMapに移行を発表したのは、GPSを使ったSNSで有名なfoursquareでした。このSNSはサービスが始まって以来、ずっとGoogleマップを使用してきましたが、「GoogleマップのAPIを一定以上利用した場合強制的に課金する」という料金体制の発表により、OpenStreetMapに変更しました。

foursquarelink:foursquare

link:Google Maps APIの有料化・料金・利用制限まとめ

 OpenStreetMapとは「地図のWikipedia」と呼ばれ、非営利団体が運営し、地図をインターネットユーザーが協力して書き込み、編集するオープンプロジェクトです。

OpenStreetMap Japanlink:OpenStreetMap Japan

 当初、デザインの面で問題があったようですが、OpenStreetMapのデザインをカスタマイズできるサービスMapBox Streetsを利用することによって解消したそうです。

link:MapBox Streets

 続いてAppleが発売したiOS版のiPhotoが、Googleマップではなく、OpenStreetMapを採用したことが発表されました。AppleはこれまでMacやiOSアプリでは、Googleマップを利用していましたが、今後の開発には積極的にOpenStreetMapを活用していくことが予想されますね。

 そしてさらに、ウィキぺディアでもGoogleマップのかわりに、OpenStreetMapを採用すると発表しました。こちらは「無償かつオープンで誰にでも利用できる」という理念が合致したというのも、理由の一つなのだそうです。

 Google側も今さら「課金しません」とは言えないでしょうから、このGoogleマップ離れは他の開発企業においても当分の間続くのでしょう。


 それにしても、これを機にOpenStreetMapは一気に飛躍するかもしれません。今現在のOpenStreetMapはやっぱりGoogleマップに比べたら、劣っていると言わざるを得ません。しかしこれだけの有名な企業や団体に後押ししてもらえれば、資金や人材の面で協力してもらえる可能性だって出てきますので、近い将来ものすごい地図サービスに変貌してしまうことも十分に考えられます。

 「地図」なんていくらでも応用の利く分野ですから、Googleマップなみに進化させることができれば、それをオープンとして制限なく利用することができるという、開発側に多大なメリットが出てきますし、これは今後期待できそうです。

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)