QR Code Business Card

iPad miniにRetinaディスプレイを搭載するとコストが30%以上増加!

 iPad miniの次期モデルは、Retinaディスプレイが搭載されるのではないかと期待されています。しかし実際にRetinaディスプレイが搭載されると、iPad miniの総コストが30%以上高くなるとの見方が出ています!


Next iPad mini's Retina Display to Raise Production Cost 30% - The Mac Observer

次のiPad miniのRetinaディスプレイは、生産コストが30%上がる – The Mac Observer (機械日本語訳はこちら)

 次期モデルにRetinaディスプレイの搭載が期待されているiPad miniですが、やはりというか、Retina化はコストアップに直結しているようです!


 上の記事によると、ディスプレイパネル高解像度化、LEDバックライト強化、高解像度化によるGPU強化で、30%以上の総生産コスト増加になるそうです!

 現在、iPad miniの販売価格が329ドルで、生産コストが188ドルとのことですが、さすがにここまでコストが上がってしまうと、Retina化することで値上は避けられないでしょうねー。



 iPadの方はというと、ご存知の通り2012年にiPad2からiPad(第3世代)になった時に、Retinaディスプレイを搭載しています。この時の価格はどうだったかというと、下の表のようになります。


 16GB32GB64GB
iPad2 Wi-Fi44,800円52,800円60,800円
iPad2 Wi-Fi+3G56,640円64,800円72,720円
iPad Wi-Fi
(第3世代)
42,800円50,800円58,800円
iPad Wi-Fi+4G
(第3世代)
53,760円61,680円69,600円


 このように、iPad2とiPad(第3世代)の価格を比較してみると、実はiPad(第3世代)の方が少し安くなっていたんですね!

 これはディスプレイを高解像度化しても、iPadのサイズが大きいから部品が安くて作りやすかったのかもしれませんし、AppleがRetina化によって価格を上げなかった理由はわかりません。でもこのiPad miniのコストアップの話を聞くと、さすがAppleと思ってしまいます。



 実際にiPad miniがRetina化されるかどうかは、決まったわけではないですし、全然わかりませんが、このiPadの時のようにAppleが価格を抑えてくれる可能性もゼロではありませんので、ぜひ健闘を期待したいところです!

 Retina化も含めて、次のiPad miniも話題になりそうですね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)