QR Code Business Card

Feedlyアプリがリンク先を勝手にブラウザで表示してしまう時の対処法

Feedlyアプリがリンク先を勝手にブラウザで表示してしまうときの対処法
 Googleリーダー亡き後、メインRSSリーダーとして使用中の「Feedly」についてです。スマホアプリ版のFeedlyで、URLリンクを通常はFeedly内で表示するところを、Chromeなどブラウザに送って開いてしまう現象が発生しました。アップデート後に良く発生するのですが、その対処法がわかりました。


Feedlyアプリ内でリンクをタップする

 Feedlyアプリ内でリンクをタップすると、通常はFeedly内でリンク先を表示します。ところがFeedlyのアップデート後、リンクをタップすると、Chromeなどのブラウザが起動し、リンク先を表示するという現象がおきます。私の場合、Android版のFeedlyアプリで発生しました。



Chromeでリンク先が表示される

 このようにリンク先がChromeで表示されてしまいます。ただ内容を見る分にはこれで十分なのですが、その都度ブラウザが一々起動しようとするため、アプリが切り替わって表示するスピードが遅くて、大量にリンク先を見ようとすると時間がかかって快適ではありません。


 ということで、この状態をなんとか修正したいわけですが、実はFeedlyアプリの設定で変更することができました。




Feedlyのメニューを開く

 まずはFeedlyアプリのメニューを開いて下さい。



メニューの下の設定

 メニューの下の方に、「Setting」があります。(こんなところに設定があるなんて、私は全然気がつきませんでした……)



Open Browser Directlyのチェックを外す

 「Open Browser Directly」のチェックを外すと完了です。これでFeedly内で記事を表示することができます。


 アプリのアップデートをすると、なぜかこのチェックが自動で入るようですね。私の場合、Android版だけの現象で、iPhone版では発生しませんでした。

 もし同じようにお困りの方は、簡単に直るので試してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)