QR Code Business Card

究極のカメラアプリ「Camera+」!撮影から加工までもう手放せない!

 いつもポケットに入っているiPhoneでお手軽に撮影するのは楽しいですよね!私もいろいろなカメラアプリが試してみましたが、残念ながらなかなかしっくりくるものがありませんでした。「Camera+」は、撮影、写真加工に欲しい機能が手軽に利用できるように作られていて、価格も安いのでおすすめのカメラアプリです。最近はこればかり使っています。


Camera+Camera+
85円(4月22日現在)
 先日のアップデートで数々の凄い機能が追加されました。これによりCamera+はさらに使いやすくなり、撮影から写真加工までますます手放せません!日本語版ではありませんが、ほとんど直感で操作できるので、まったく問題なく使えると思います。


撮影時の秀逸機能
 撮影時の便利な機能としては、手ぶれ防止の「Stabilizer」でしょう。手ぶれ防止といっても、通常のデジカメのように物理的に手ぶれを取り除くわけではなく、「手ぶれが収まったときに撮影する機能」です。便利!

Camera+ 手ぶれ防止撮影「Stabilizer」

 撮影画面で、撮影ボタン横の歯車の設定ボタンをタップして、Stabilizerを選択すると使用できます。乗り物に乗っているときに撮影するとき便利ですよ!(動きが激しいとなかなかシャッターが切れないときがあります。笑)

 手ぶれが収まった時間に応じて、撮影ボタンの色が赤→黄→緑と変化し、シャッターが切れます。


写真加工時の秀逸機能
Clarity
 基本的には暗いところを明るく修正するような機能です。Photoshopでいうところのレベル補正や、トーンカーブによる明るさの調整したような効果が得られます。

Camera+ 写真加工

 Lightbox画面より、写真を選択して「Edit」をタップします。

Camera+ Clarity

 Edit Photo画面で、下部メニュー「Scenes」→「Clarity」をタップすると適用されます。最後に右上「Done」のタップを忘れないようにして下さい。


 暗くなってしまって失敗した写真も、なんとか見られるように修正できます。

適用前
Camera+ Clarity適用前

適用後
Camera+ Clarity適用後

適用前
Camera+ Clarity適用前

適用後
Camera+ Clarity適用後


外部写真のインポート
 先日のアップデートでカメラロールなどの外部の写真をインポートできるようになりました。これによりCamera+で撮影した写真だけでなく、標準カメラやOneCamで撮影した写真も加工できるようになりました!

Camera+ 外部写真のインポート

 上の「+」をタップすることによって、カメラロールなどからインポートする写真を選択できます。複数選択できますので、一括してインポートすることも可能です。


お手軽なInstagram風エフェクト
 簡単にInstagram風のエフェクトが適用できます。またその適用強度もスライダーで調整できますので、丁度良い仕上がりになります。

Camera+ エフェクト


ソーシャルメディアへの一斉送信
 Lightbox画面で画像を選択して、「Share」をタップすることにより、ソーシャルメディアへの一斉送信ができます。

Camera+ Share
Camera+ ソーシャルメディアへの一斉送信



まとめ
 ソーシャルメディアへの一斉送信ですが、今のところ送信できるのは、twitter、Facebook、flickrだけのようです。本当はEvernoteやDropboxなどにも送信できると良いのですが、まだできないようなので、そこだけがこのアプリの弱点です。アップデートに期待して待ちましょう。

 いまのところ、カメラアプリではこれを一番使っています。撮影から写真加工まで効率よく作業できますのでお気に入りのアプリです。








SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)