QR Code Business Card

スプーン1杯の水でスマホ充電ok!携帯小型燃料電池「PowerTrekk」

 ついに携帯できる、超小型燃料電池「PowerTrekk」が登場しました。少量の水と燃料カートリッジで発電し、携帯だけではなくUSBバスパワーに対応した機器に使えるそうです。


PowerTrekk - myFC

PowerTrekk – myFC


超小型燃料電池「PowerTrekk」 外箱超小型燃料電池「PowerTrekk」 外観超小型燃料電池「PowerTrekk」 内部構造超小型燃料電池「PowerTrekk」 燃料パック

サイズは127×66.5×45mmで、重量は244gと少しかさばりますが、思ったよりずっと軽いですね。内部は水のタンクと燃料カートリッジの部分に別れています。バッテリーも内蔵しており容量は1,500mAhとのこと。スプーン1杯の水でスマホ1回分くらいの充電ができるそうです。また水は水道水でも海水でもいけるそうですよ!アウトドア、特に災害時ならこの仕様はありがたいですよね!


メーカーデモ動画


 先日の世界最大のモバイルの見本市(モバイル・ワールド・コングレス)に出展され、話題になったそうです。

 小型の燃料電池が実用化されるって話は前から結構ありました。東芝が燃料電池を搭載した携帯端末を発売すると話題になったことがあって、私も買おうと思って楽しみにしていたのですが、結局実用化されずじまいです。その他の機器もいまだに実用化されていませんし、実際に使えるものが出展されれば、話題にもなりますよね!


デモ動画01 – 家電関連総合展示会「International CES 2012」


デモ動画02 – 家電関連総合展示会「International CES 2012」


 デモ動画をみると、PowerTrekkの周りが水でビチャビチャです!笑 どれだけ水入れまくったんですか…… 水を入れて使うものですから、これだけ濡れても平気な仕様みたいです。アウトドア用途にはぴったりですね!



販売について
 メーカーのwebサイトを見ると、日本にも代理店?が存在するようですが、まだ海外でも販売されていないようです。

メーカー(myFC)の代理店のページ

 代理店の一つのwebサイトを見てみると、「Availability expected in Fall 2012.」とありますので、海外でも秋頃に発売する予定のようです。価格も229.99USドル(約18,400円:1ドル80円)なので、そんなに無理な額ではありません。燃料カートリッジも3パックで11.99ドル(約960円:1ドル80円)です。

POWERTREKK – Industrial Revolution



おわりに
 出力的には1時間あたり5W(5Wh)と言うことで、燃料パックの消費量がわからないので、ランニングコストが計算できないのですが、なかなか手頃な値段だと予想できますねー。私は発売されたら速攻で買ってしまいそうです…… 皆さんこんなガジェットいかがですか?







SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)