QR Code Business Card

Twitterの6秒動画アプリ「Vine」が登場!早速試してみました!

 Twitterから6秒間のループ動画が作成できるアプリ「Vine」がリリースされました!撮影した動画は共有して、Vineユーザー間でコメントもつけることができます!今回はiPhone版ですが、Android版も開発中とのこと。


Twitterの6秒動画アプリ「Vine」

Twitterの6秒動画アプリ「Vine」 – iTunes

こちらがTwitterがリリースした、6秒動画作成・共有アプリです。



Vine

 アプリを立ち上げると、まずはTwitterのアカウントかEmailで登録を行います。



Twitterアカウントにログイン

 Twitterアカウントを持っていると、ログインするだけであっという間に登録は終わります。



Vineログイン

 登録後、このようにタイムライン的な感じで、投稿された人気動画が表示されます。

 上部のVineロゴの左のアイコンは、メニューになります。動画を検索したり、自分のプロフィールや投稿した動画を確認します。

 右のアイコンは、動画の撮影を行います。



Vine撮影画面

 こちらが撮影画面です。

 撮影方法は極めて簡単ですが、通常の動画撮影アプリとは操作方法が違いますので、注意して下さい。画面を押し続けた分だけ撮影される仕組みです。

 画面を押すと動画が撮影され、指を離すと停止します。画面を押した分だけ、上部の緑のプログレスバーが増えていき、6秒まで撮影できます。動画再生時はループします。



キャプションと共有の設定

 動画の撮影が終わると、キャプションの入力とVineやTwitter、Facebookで動画を共有するのかを設定します。キャプションのテキストがツイートの本文になります。




gaito777's post on Vine

gaito777’s post on Vine

 共有した動画は、このようにURLが発行されて、PCでも見ることができるようになります。




ポストした動画

 これで動画を撮影から共有までの流れが、ひと通り終わりました!アプリのトップページも、自分のポストした動画に変わっていると思います。あとは動画の下に並んでいるアイコンから、コメントを追加することができるようです。

 それと重要なことがひとつ!ポストした動画を削除するときはどうするのかと言いますと、上の画像の赤い囲みの、三点リーダのようなアイコンをタップすると、削除するボタンが出てきます。わかりにくいので注意して下さい。

 私も最初動画の削除方法がわからなくて、困りました……




 このアプリTwitterのように、フォローができるようです。自分で撮影できるようになったら、メニューの「Explore」から動画を検索して、お気に入りを探しに行くのもありです!

 動画版のInstagramといった感じですね。




 あとこのアプリ、画面を押して撮影する関係上、結構手ブレします。(私だけ?)

 撮影するときはできるだけ、iPhoneを動かさないように、工夫する必要がありそうです。




 屋外ならこれくらいの三脚があるとしっかり撮影できますね!




 室内でもこれくらいは欲しいかな?こんなのでちょっとでも手ブレを抑えたいところです。


 なんせ、Vine内の人気ある動画が凄すぎます。

 たいしたことないように見える動画でも、実際に自分で撮影してみると、うまく撮る難しさが良くわかります……

 ほんとどうやって撮ってるんでしょうねー



 ちょっとでもうまく見えるように小道具を試しながら、どんどん撮影してみたいと思います!






SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)