QR Code Business Card

GoogleのPageRankに悪影響のあるリンクを排除する公式ツール登場!

 Googleがweb管理者向けに、PageRankを下げる恐れのある悪質なページからのリンクを、検索アルゴリズムに無視させる公式ツール「Disavow Links」をリリースしました!


サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました - Google ウェブマスター向け公式ブログ

サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました – Google ウェブマスター向け公式ブログ

 こちらの公式ブログでツールの提供開始が紹介されています。

 Googleから「サイトへの不自然なリンクを理由に手動によるスパム対策が実施されている」というメッセージが届いた際に使用します。

 不自然なリンクを貼られていると言うことは、通常そのサイトオーナーにお願いして、自分のサイトへのリンクを外してもらう必要があります。

 しかしこのツールで対象のリンクを登録することによって、自分の手で不自然なリンクを排除し、ウェブマスター向けガイドラインの違反を解消することができます!

 人に頼ることなく、自分でできるので便利です!





Disavow Links

Disavow Links – Googleウェブマスターツール

 不自然なリンクの登録は、上のGoogleウェブマスターツール内Disavow Links(非承認のリンク)から行います。

 Googleに自身のサイトとの関係を否認するリンクを記したファイルをアップロードします。

 書き方は単に1行毎にURLを記入したプレーンテキストを用意します。


●記入例
# spamdomain1.com のオーナーに 2012 年 7 月 1 日にリンクの削除を依頼。しかし返事が得られなかった。
domain:spamdomain1.com
# spamdomain2.com のオーナーはほとんどのリンクの削除に応じてくれたが、一部削除できていないリンクが残っている。以下がその一覧。
ttp://www.spamdomain2.com/contentA.html
ttp://www.spamdomain2.com/contentB.html
ttp://www.spamdomain2.com/contentC.html


 #で始まる行はコメント行です。domain:spamdomain1.comというのは、spamdomain1.comからの全てのリンクを否認するという意味になります。(上の「ttp」は「http」として下さい)




 Googleから「不自然なリンク……うんぬん」というメールはいつ来るかわかりません。その不自然なリンクが、自分のせいだけとは言えませんし、万が一ということもあり得ます。

 もし対象になってしまうと、不自然なリンクが解消されるまでは、Google検索エンジンからのアクセスが極端に減る羽目になりますので、もしもの時に備えて、こういうツールがあることを是非覚えておきましょう!










SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)