QR Code Business Card

Yahoo、Twitterが「衆院議員選挙」の公式特設ページを開設!

 小さな政党が乱立している今回の衆議院選挙総選挙ですが、YahooやTwitterが選挙の特設ページを開始しました!



衆議院選挙2012 - Yahoo!みんなの政治

衆議院選挙2012 – Yahoo!みんなの政治

 小さな政党がくっついたり離れたりと、すでに駆け引きが激しい選挙となっておりますが、Yahoo!やTwitterが2012年衆議院選挙の特設ページを開設しました!


 上はYahoo!の特設ページですが、選挙に関するニュースや、都道府県別の選挙区毎に候補者の情報を見る事ができるようになっています!これは便利ですね!

 

衆議院選挙2012 大阪7区(小選挙区)の候補者情報 - Yahoo!みんなの政治

衆議院選挙2012 大阪7区(小選挙区)の候補者情報 – Yahoo!みんなの政治

 上は私の地元大阪7区ですが、このように選挙区毎に候補者の情報を見る事ができます。

 今回の選挙は、小さな政党が乱立していて、全然知らない人がたくさん立候補していますので、その人がどういう人なのか知るために、役に立ちそうです。

 維新の上西さんって元キャンギャルなのですか……大丈夫でしょうか?うちの地元は今の官房長官の藤村さんがいるので、明らかに激戦ですねー



 今後は、ユーザーが自分の考えと近い政策を掲げる政党がわかる「マニフェストマッチ」など、選挙に関わるコンテンツを順次追加するそうです。






#総選挙 - Twitter

#総選挙 – Twitter

 続いてこちらがTwitterの開設した、2012年 衆議院議員総選挙 Twitter公式イベントページです。

 特定のハッシュタグがついているツイートと、選挙に関するツイートがまとめて表示されるそうです。

 直近の話題については、Yahooの特設ページより、こちらの方が情報が速そうですが、情報量が多すぎて収集がつかないような気もしますね。



 せめて都道府県別にツイートを分けるとか、してくれると面白かったと思うのですが…… もうちょっと工夫しないと見にくいかなと思います。折角なのでTwitterさんお願いします。




 さてさて、この注目の選挙の行方はどうなるのか楽しみではありますが、これからの日本の将来が決まる重要な選挙です。

 とはいえ、1党が過半数は無理そうなので、やっぱり自民・民主・公明や維新くらいの大連立になるでしょうねーまたまとまりのない国会が続きそうです……







SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)