QR Code Business Card

Twitterの新サービス「Twitter Music」が限定公開!一般は一週間後!?

 Twitterの新サービス「Twitter Music」が有名人向けに限定公開されました。一般公開は一週間後になるそうです。「Twitter Music」の内容は公式に発表されておりませんが、どのようなサービスかニュースで報じられた内容をまとめました。


Twitter Musicってどんなサービス?


 残念ながら「Twitter Music」のサービス内容は、公式にはまだ明らかにされていませんが、ニュースで報じられている内容を見ると、Twitter上で音楽やアーティストを発見・共有するサービスのようです。現在、有名人向けに限定公開されています。一般公開は一週間後以降の予定です。

 下の記事によると「Twitter Music」は、Webプレイヤーとアプリの両方から、ストリーミング再生することができ、Spotify, Rdio, iTunes, SoundCloud, Vevo, YouTubeの各サービスと連携することが可能とのこと。

Twitter Music site code reveals app will feature Spotify, Rdio, iTunes, SoundCloud, Vevo, and YouTube – THE NEXT WEB


 「Twitter Music」のアプリには、下記の4つのメインタブが存在するとのこと。

Suggested:フォローしているアーティスト、フォロワーがフォローしているアーティストや曲をや推奨する。
#NowPlaying:このハッシュタグ「#NowPlaying」を使用すると、曲名をツイートするだけで、フォローしている人に直接曲へのリンクが表示される。
Popular:人気の曲がわかる。
Emerging:新進気鋭のアーティストを追跡する。


 オーストラリアの音楽推薦アプリ「We Are Hunted」を買収したことから、サービスはこれをベースにするのではないかと、言われています。

ツイッター、豪音楽配信企業We Are Huntedを買収


 そして、この「We Are Hunted」の創業者Stephen Phillipsのツイートに、再生できるトラックがいくつか投稿されていて、「Twitter Music」がどのようなサービスにになるのか、少し感じがわかります。このようにTwitterの埋め込みでも、直接曲が再生できるようです!

Twitter Music Site Goes Live, Teases Imminent Launch – Mashable





Twitter Music公式サイト

Twitter Music公式サイト Coming soon

Twitter Music公式サイト

 こちらのTwitter Music公式サイトは、まだログインできないようです。「Sign in」にてアプリの連携は登録できるようですが、トップページに戻されてしまいます。

 本格的にサービスが開始されるまで、しばらく待つしかなさそうです。



 しかしどういったサービスかまだわかりませんけど、Twitter Musicが始まったとして、日本のアーティストが登場するのかは気になりますよね。著作権が厳しそうですし。

 これから売って行きたいアーティストにとっては、 Youtubeから投稿するなどして、露出が増えるチャンスになるかもしれませんね。

 また新しい情報が入り次第、更新します!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)