QR Code Business Card

不要な部分を削除して印刷できるFirefoxアドオン「Print Edit」

 ウェブサイトを印刷する際に、事前に必要のない範囲を削除してから印刷できるFirefoxアドオン「Print Edit」を使ってみました!資料の作成やメモの印刷などで、必要な部分だけ印刷すれば無駄なインクを節約することができます。


Print Edit

Print Edit :: Add-ons for Firefox

 Print Editは、上のページにFirefoxでアクセスして、「Firefoxに追加」から導入して下さい。


複数箇所を指定して、その他の要素を一気に削除できる


 このPrint Editを使うまでは、同じように印刷する範囲を調整できるブックマークレットPrintliminatorを使っていたのですが、Print Editを使ったほうが便利な部分があります。

 Print Editが優れている点は、複数箇所の要素を指定して、一発で「それ以外を全て削除」できることです。Printliminatorでも1箇所の要素指定して、「それ以外を全て削除」することは可能ですが、複数箇所の指定はできません。



印刷したい複数箇所を指定

 例えば、Yahoo!トップページでこのように2箇所印刷したい場所がある場合、このそれぞれ指定してから、「その他の要素を削除」とします。



印刷したい箇所を複数指定できる

 このように一発で、印刷したい複数の箇所以外を全て削除することができます。複数の箇所を印刷したいことはよくあるので、この機能がめちゃめちゃ便利です!

 ただし、ページから画像だけを一気に全て消したい場合は、Print Editよりも、Printliminatorの方がきれいに消せますので、やりたい事で使い分けるのがいいかもしれません。

 Webの資料をよく印刷するなら、インクの節約にもなりますし、Print Editはオススメですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)