QR Code Business Card

画像の画質を落とさずに容量を減らす必須アプリ「ImageOptim」

 今回は画像の画質を落とさずにその容量を減らすことが可能なMacアプリ「ImageOptim」をご紹介します!しかもjpg,png,gifも全部これ1本でok!ブログやwebサイトの表示速度が、検索順位に影響するようになりましたし、画像をアップロードする前にとりあえず画像を「ImageOptim」に通すのはもう必須の作業です!


ImageOptimのダウンロード


ImageOptim

ImageOptim


 ダウンロードは上記の公式サイトからどうぞ。インストールは解凍後の「ImageOptim.app」をアプリケーションフォルダに突っ込むだけです。


ImageOptimの使い方


ImageOptimの使い方

 使い方は難しいことはありません。ImageOptimを起動するとウィンドウが開きますので、容量を減らしたい画像をドラッグ&ドロップするだけです。

 複数の画像ファイルでも1度に登録すれば、順番に処理してくれます。フォルダを丸ごとでもいけます。

 画像データとは関係のない、EXIFデータなどの余分なメタデータを取り除いて圧縮するとのこと。



ImageOptimはjpgが得意

 jpg,png,gifの各形式に対応していますので、このアプリ1本持っているだけでokです。

 うまくいくと容量が概ね3割ぐらいは減ります。多い時には5割減もあります。



 ブログやwebサイトの表示速度が、Googleの検索順位に影響するなりました。アプリにかけるだけで容量を落とせるなら、とりあえずアップロードする前には、ImageOptimに通すのはもはや必須です。

 Photoshopとかでは、できるだけきれいな画質で書き出そうとして、どうしても画像の容量が大きくなりがちですし、このアプリを1本持っているだけで助かります。

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)