QR Code Business Card

Google Analyticsで簡単に自分のアクセスを除外する方法!

Google Analyticsで簡単に自分のアクセスを除外する方法!
 webサイトやブログの制作中、何度もいろいろなブラウザで表示確認することになります。そんな時大量に出てくる自分のアクセスを、Google Analyticsに計測したくない場合、簡単に除外できる方法があります。


Google アナリティクス オプトアウト アドオン


 いままでは、自分のIPアドレスをGoogle Analyticsに登録して、自分のアクセスを除外していたのですが、IPアドレスはまたに変わる時がありますので、時々現在のIPアドレスをチェックして、登録をやり直す必要があるので不便でした。


Google アナリティクス オプトアウト アドオン

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

 そこで「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を使います。ブラウザの拡張として、Google Analyticsのデータ収集を無効化する、Google謹製のアドオンです。

 対応するブラウザは、Chrome、Internet Explorer、Safari、Firefox、Operaと幅広く使えますので、チェック用のブラウザに一通りインストールできます。インストールする時間も一瞬で終わります。


 ただ注意が必要なのが、どのwebサイトやブログのデータ収集を無効化するか選べないことです。

 このアドオンをインストールしたブラウザは、Google Analyticsを利用している、全てのwebサイトやブログのデータ収集を無効化します。
 
 アクセスを計測したいサイトと、したくないサイトがある場合は注意が必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)