QR Code Business Card

外出先から自宅のプリンタを使える「Google クラウド プリント」

外出先から自宅のプリンタを使える「Google クラウド プリント」
 Chromeの設定を見ていたら「Google クラウド プリント」という項目がありました。どうやらGoogleにプリンタを登録することによって、外出先からでもネットを通じて、自宅や職場のプリンタにデータを送って印刷できる無料サービスのようです。「これは使えるのでは?」と思い、早速試してみました!



Google クラウド プリント公式サイト


Google クラウド プリント

Google クラウド プリント

 ネットに接続している端末であれば、どこからでも自宅や職場などの登録したプリンタで印刷できます!



プリンタを設定する


クラウド対応プリンタ

クラウド対応プリンタ

 まずはプリンタを「Google Cloud Print」に設定します。こちらで各メーカーごとのセットアップ方法が載っていますので、手順通りに設定を行って下さい。

 クラウド対応プリンタだと設定は簡単ですし、プリンタ単独でどこからでも印刷ができます。クラウド対応していないプリンタなら、PC+Chrome+プリンタのセットで印刷ができるようになります。

 少し古い機種でもプリンタのファームウェアをバージョンアップすると、クラウド対応プリンタとして使えるようになります。



Google Cloud Print設定

 このように、プリンタから直接有線/無線LAN経由で「Google Cloud Print設定」を行います。

 無線/有線LANで「Google Cloud Print設定」を行うと、何度やっても原因不明のエラーが出る場合があります。そんな時はiPhoneのテザリング機能などを使って、別のネットワークに無線LANで接続して設定するのをおすすめします。私のCanon MG6230もエラーが出て何をしても全然ダメで、結局iPhoneから設定したら簡単に終わりました。



Google クラウド プリントの設定
[クリック拡大]

 途中で「プリンタの登録」と書かれた紙がプリンタから出力されますので、このURLに接続して下さい。

 指定されたURLに接続すると、Googleアカウントのサインインが求められますので、ご自身のGoogleアカウントにプリンタを登録して下さい。



Google Cloud Print設定完了

 Google Cloud Print設定が完了すると、プリンタの画面に完了したことが表示されます。



Google クラウド プリントで印刷する


Google クラウド プリントを利用できるアプリ

Google クラウド プリントを利用できるアプリ

 Google クラウド プリントを利用できるアプリは、こちらになります。



Chromeで印刷する

 ChromeでGoogle クラウド プリントを使う場合、まずはこのように印刷を選択します。



Google クラウド プリントを選択

 次にGoogle クラウド プリントを選択します。



Google クラウド プリントに設定したプリンタを選択

 次に先ほど設定したプリンタを選択して、印刷オプションを設定をするとデータが送信されます。


【ポイント】
 ここで、「Googleドライブに保存」を選択すると、PDFに変換してGoogleドライブに保存できます。タブレットなど単独でPDFに変換できますので便利です!




ChromeでGoogle クラウド プリントを利用する

 このようにChromeで表示したYahoo!のトップページを、Google クラウド プリント経由で印刷することができました!



GoogleドライブからWordファイルなども印刷可能


Googleドライブ Wordファイルを印刷

 ChromeでGoogleドライブを表示して、印刷したいWordファイルを開きます。



Wordファイルをダウンロード

 Wordファイルのプレビュー場面が開きます。このまま印刷するとプレビューの荒い印刷になってしまうので、一旦ダウンロードして綺麗な表示にしてから印刷を行います。印刷の手順は、先ほどのYahoo!トップページと同じです。

 これでWordファイルも印刷できました。外出の多い方は、印刷しなくても、いつでもスマホやタブレットから見れますし、普段から書類はGoogleドライブに保管しておくのも良いかもしれません。

 アイデア次第でいろいろ使えそうなサービスです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)