QR Code Business Card

その新しいドメイン大丈夫?過去の詐欺&スパム行為を調べる

その新しいドメイン大丈夫?過去の詐欺&スパム行為を調べる
 新しいドメインを取得するとき、どんなドメインにしようか悩みます。できるだけ短く、かつそのウェブサイトを一言で表すようなものを考えたりしますが、さらにもう一つ検討して欲しいのが、その考えたドメインの過去の履歴です。過去に何も使われていなければいいのですが、もし詐欺やスパム行為に使われていたら、すでにそのドメインはペナルティを受けているかもしれません。


 苦労して新しく考え取得したドメインですが、それが過去にワンクリック詐欺やスパムに使われていたとしたら、最初からブラックリスト扱いのペナルティを背負う可能性もあります。

 さらに被リンクも最悪で、スパムサイトからリンクされている可能性もあり、新しくウェブサイトをスタートさせたのに、どれだけ頑張ってもアクセスが上がらないという事態になるかもしれません。



ドメインの過去の履歴を調べる


HosterStats.com


HosterStats.com

HosterStats.com: Domain Registration Statistics And Historical DNS Database

 .com .net .org .biz .info .mobi .asia .ie .eu .co.uk .deのドメインに限定されますが、過去の履歴が表示されます。ここに履歴がなければ問題ありません。


HosterStats.comでドメインの履歴を見る

 試しにウェブソクと似たドメイン7zz.comを見てみますと、過去に使われているようです。ブラウザで見てみると、現在ウェブサイトは運営されていないようです。7zz.comこちらには何もありません。



aguse


aguse

aguse.jp: ウェブ調査

 次にこちらでブラックリストに載っているかどうか調査します。現在のドメインの登録状況や、どのサーバー使っているかなど詳しく表示されます。


aguse ブラックリスト判定

 下の方に、ブラックリスト判定結果の項目に注目です。


aguse ブラックリスト判定 safe

 このように全てsafeとなっていればOKです。



ドメインの過去の姿を見る


Wayback Machine


Wayback Machine

Internet Archive: Wayback Machine

 ここにURLを入力すると、そのドメインを使ったウェブサイトの過去の姿を見ることができます。


Wayback Machine 履歴

 こういう感じで複数の地点をカレンダー形式でさかのぼることができます。もちろんこの時のウェブサイトを見ることができますので、あやしいウェブサイトかどうか、自分の目で確かめることができます。


 上の履歴は先ほどの7zz.comですが、見る限りずっとウェブサイトとしては運営されていませんね。

 今は7zz.jpを使っていますが、.comの方が維持費が安いんで、本当は7zz.comが欲しかったんですよね。何も使ってないなら空けてくれるとありがたいのですが、もしかするとメールだけ使っているのかもしれませんね。



まとめ


 新規ドメインを取得するときに、そのドメインが過去にどんな使われ方をしていたのかを調べるのは、結構重要なことだと思います。まったく新しいドメインなら問題ないですが、変な使われ方をしていたドメインなら避けた方がいいと思います。

 おかしなウェブサイトからリンクされているだけでも、新規のウェブサイトなのに最初からGoogleの評価を下げかねないので、できるだけ気をつけた方が無難でしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)