QR Code Business Card

Window8発売開始!でもWin7/XP機をアップグレードするメリットがない!

 さてさてついにWindows8が発売になりました。カウントダウンイベントも行われたそうです。10月26日の午前0時から深夜販売も行われて、多くの人が購入していったそうです。

 でも今回のWindows8は、機能的には既存のWindows7機やXP機を、今すぐアップグレードするメリットがないような気がしませんか?


Windows8にアップグレードするメリット

 新発売のPCを買う人以外には、ほとんどWindows7機やXP機をすでに持っていて、Windows8を買う場合アップグレードする方が大多数だと思います。しかし、それらのPCにWindows8を入れる必要性をあまり感じません。





Modern UIが生かせない

Modern UI

 Windows8の最大の特徴は、このModern UIです。タブレットPC用のインターフェースとして開発され、新発売のPCはタブレットの使い方もできる機種ばかりになっている原因でもあります。

 ディスプレイにタッチパネルを搭載した、新しい機種であれば、まあそれも問題はないでしょう。しかし既存のPCをアップグレードする場合、もちろんタッチパネルを搭載しているPCではないでしょうから、このModern UIを使いこなす事はできません。



 すでにWindows8を入れると、ディスプレイがタッチパネルのように動かせると勘違いした犠牲者がでているようです。

ああ勘違い、「報道が悪い」の声も Windows 8入れてもタッチパネルに「変身」しません – J-CASTモノウォッチ



ウインドウズ8を入れればタッチパネルになるわけではない。

 この通り、NHKからも注意が入る始末ww



 Modern UIは指で直接操作するから良いのであって、もうこれが使えない時点で、ほとんどWindows8にアップグレードするメリットはありません……

 デスクトップでマウスを使ってModern UIを無理矢理使う事はできますが、あまり意味がありません。





Window8は一般人から見ればWindows7と同じ

Windows8

 Windows8は細かい新機能がいろいろとありますが、Modern UIを除けば、一般人がこれらの新機能を使いこなせるのか疑問です。

3分でわかる Windows8の新機能15

 上のリンクは、わかりやすい新機能のみをピックアップしていますが、もっと細かい新機能も数多くあります。



 各種ウィンドウズのほかLinuxなどのOSも8上で動作させることが可能になる「仮想化機能Hyper-V」、Windows8を丸ごと持ち運べる「Windows To Go」や、複数のPC設定を同期させる「PC設定の同期」など、使いこなせたら面白そうな新機能もありますが、一般の方から見れば、正直使いこなすのは無理だろうと言わざるを得ません。

 ということは、パソコンオタクならまだしも、一般の方からみれば、それは必要のない機能ということになり、ここでもWindow8にアップグレードするメリットが見あたりません。





Windows7の心配な点


 Windows7は現在ServicePack1ですが、今後ServicePack2がでないという噂があります。

Windows 7 Service Pack 2は出ない? – 財経新聞
No Service Pack 2 for Windows 7: Report – techPowerUp(機械日本語訳はこちら)
Microsoft has no plans for a second Windows 7 Service Pack – The Register(機械日本語訳はこちら)
First Windows 8 Updates Signal the End of Service Packs – Softpedia(機械日本語訳はこちら)



 海外のブログなどによると、ServicePackで旧OSを延命させるのではなく、Windows8などを含む最新OSにできるだけ移行させる方針が今後も続き、Windows8でもService Packの提供は行われない可能性が高いと報じられています。

 WindowsXPなどがずるずると使い続けて、サポートし続けてきたのが、Microsoftの戦略として良くなかったと判断されているのかもしれません。どうなるかわかりませんが、今後遠回しにOSの更新を強引に迫ってくる可能性もあります。

 



アップグレード版を安い内に確保だけしておくのも作戦


 いろいろと事情があるとはいえ、WindowsとMacくらいしか選択肢がありませんので、いますぐアップグレードする気はなくても、いずれ近いうちにアップグレードを迫られるのであれば、とりあえずキャンペーンで安い内に、Windows8の確保だけしておくのも手かと考えます。



Windows8 Pro アップグレード版 ダウンロード - Microsoft Windows

Windows8 Pro アップグレード版 ダウンロード – Microsoft Windows

 Windows8のアップグレード版のダウンロード販売は、2013年1月31日までのキャンペーン期間中、3300円で購入できます。


Windows 8 優待購入プログラム

Windows 8 優待購入プログラム

 2012年6月2日~2013年1月31日までの間に、新規にWindows7搭載PC、DSP版のWindows7を購入した方は、さらにお得な「Windows8 優待購入プログラム」により、1200円でダウンロード版を購入可能です。

 登録が必要ですので、上のリンクよりどうぞ!





 Windows8について、いろいろと書きましたが、概ね現状こんな感じではないかなと思っています。

 「いやいやそんなことないって!速攻Windows8入れた方がいいって!」と思っている方がいるかもしれませんが、皆さんこのWindows8はどのように思いますか?






SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)