QR Code Business Card

Windows 8 ダウンロード版からインストールディスクが作成できました!

 windows8 Pro アップグレードの超特価3,300円も今日までということで、せっかくなので購入してみました。ダウンロード版なのですが、インストールディスクも作ることができるらしいので、早速DVDに焼いてみました。作業はアップグレードアシスタントの指示に従うだけなので簡単でした!


前記事
Windows 8 Proアップグレード版 3,300円は1月31日まで!2月から25,800円!


Windows を購入する - Microsoft Windows

Windows8 Proアップグレード版 – Microsoft Windows

 Windows8 アップグレードのダウンロード版は、こちらから手続きを行います。


パッケージ版も1月31日まで超特価!



 前記事で説明したように、「Windows 8 アップグレード アシスタント」を使って、決済・ダウンロード・インストールまで全て行います。


 今回は、Windows8 アップグレードのダウンロード版の決済をおこない、ファイルをダウンロードの上、インストールディスク作成まで行いました。特に難しい箇所もなく、あっさりと作成することができました。(Windows VistaとXPはインストールディスクの作成はできないそうです)

 インストールディスクを作成することによって、クリーンインストールが可能になります!ぜひインストールディスクを作成しておきましょう!



ご注文を確認します

 「注文を確認します」の画面で、このように「2GBデジタルダウンロード」と「Windows DVD」と2つ選択肢が表示されますが、「2GBデジタルダウンロード」のみで、インストールディスクを作成することができました。



Windows8のダウンロード

 windows8のダウンロードが開始されます。



Windows8のインストール

 ダウンロードが終了すると、インストール方法の選択肢が表示されます。インストールディスクを作成する場合は、「メディアを作ってインストール」を選択します。(Windows VistaとXPはこの「メディアを作って……」という項目は出ないそうです)



インストールディスクを作るメディアを選択する

 使うメディアを選択します。DVDに焼くなら「ISOファイル」を選択しましょう。

 その後はDVDをドライブに入れて、使うDVDドライブを選択すればokです!プロダクトキーは忘れずにメモしておきましょう!


 未確認ですが、Windows VistaとXPは、インストールディスクが作成できないだけで、Win7などで作ったディスクとプロダクトキーさえあれば、クリーンインストールはできそうですね。




Windows 8を入れればタッチパネルになるわけではない

 しかし、Windows8のインストールディスクを作ったのはいいけど……

 実際インストールするのはいつのことやら……

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)