QR Code Business Card

iOS6、残念ながら日本で利用できない機能があります!

 9月19日にリリース予定のiOS6ですが、AppleよりiOS6の国別に利用できる機能が公開されました。それを見ると一部機能が、国によっては使えない場合があります。日本では利用できない機能はこれだけあります。


iOS6で利用できる機能

iOS6で利用できる機能 – Apple

 iOS6のなかで、国別に利用できる機能がAppleから発表されました。ここから日本で使えない機能は下記とおりです。


日本で利用できない機能
マップ建物の3D表示
渋滞状況
ビジネスレビュー&写真
Siriローカル検索
レストラン情報
レストランのレビュー
レストランの予約
映画のレビュー
映画の上映時間
iTunes Storeテレビ番組

 でも一見すると、これから使えるようにできそうな機能ばかりですよね!

 建物の3D表示はデータを追加すれば使えそうですし、渋滞状況も日本には元々VICSがありますので、従来のカーナビのように、そのデータを利用できるようにすればいけそうです。

 またレストランや映画のレビューは、Siriで検索できるレビューサイトを立ち上げればなんとかなりそうです。それとも、どこかのサイトと連携でしょうか?(アメリカではどうしているのでしょう?)

 せっかくですので、日本独自のサイトと連携するのも面白いと思います。仕組みはSiriから出力する際にはテキストで出力できそうですので、どこかのサイトを検索して結果を表示するだけなら、そんなに難しくないように思います。

 クックパットとかと連携すると面白いかも!Siriで「ガッツリメニューが食べたい」とか音声入力すると、「こんなメニューはいかがでしょう!」とか?


 
 最後のiTunes Storeのテレビ番組だけは著作権の問題で、どうにもなりそうにないですが、あとは今後なんとかなりそうなコンテンツですよね!iOS7で期待しています!



iOS6の主な新機能は下記を過去記事を参考にどうぞ!
iOS6の気になる新機能9個まとめ!これさえ押さえておけば大丈夫!





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)