QR Code Business Card

中古で購入したiPhoneを自分でSIMロック解除する方法

中古で購入したiPhoneをSIMロック解除/SIMフリー化する方法
 docomoやau、SoftBankで購入したiPhone(スマホ)は、今までは購入した本人しかSIMロック解除を申請することができませんでした。しかし先日docomoが他社に先駆け、知人から譲り受けたり、中古で買ったiPhoneのSIMロック解除の受付を始めました。



SIMロック解除の現状(2019年3月9日現在)


docomoの場合


 いままではdocomo/au/SoftBankのそれぞれのキャリアで、iPhoneを直接購入した本人のみがSIMロック解除できる仕組みでした。しかし2019年3月9日現在ではdocomoのみですが、購入した本人でなくてもSIMロック解除してもらえるように受付条件が変更になりました。これは画期的です。

docomo SIMロック解除受付条件

ドコモからのお知らせ : SIMロック解除の受付条件を一部変更 | お知らせ | NTTドコモ

 このように2019年2月20日から、SIMロック解除の受付条件が変更されました。しっかりと受付条件に「知人・友人などから譲り受けた携帯電話機」「中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機」と明記されています。

SIMロック解除対応機種
●2015年5月以降に発売された携帯電話機
SIMロック解除対応機種および対応周波数帯(PDF形式:550KB)
●2011年4月~2015年4月に発売された携帯電話機 ※1
SIMロック解除対応機種 ※1
※1 お手続きには、ドコモショップへの来店が必要です。


受付条件
●ネットワーク利用制限、おまかせロック等、各種ロックがかかっていないこと。
●ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過していない場合。
 端末購入サポートが適用された日から100日経過していない場合。


 またその他の受付条件として、このように明記されています。

 中古購入でよくあるネットワーク利用制限△のiPhoneは、×になってしまうとそのキャリアでは使えなくなります。でもSIMロック解除さえしておけば、他のキャリアで使えるので、リスクを避けたいならこれは必須になりますね。まだdocomoだけしかできないのが残念です。


au/SoftBankの場合


au


au SIMロック解除受付条件

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

SoftBank


SoftBank SIMロック解除受付条件

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除 | モバイル | ソフトバンク

 一方、au・SoftBankはそれぞれのwebサイトではこのように、まだ「購入した本人」の手続きが必要です。

 経済産業省がスマホ端末のSIMフリー化と利用料金の改革を進めている中で、docomoが先駆けてSIMロック解除の受付条件を変更したようです。この様子だとau/SoftBankも同様の変更を行うのは時間の問題ではないでしょうか。


SIMロック解除方法


 では具体的に、中古で購入したiPhoneのSIMロック解除方法を説明します。まだdocomoしかできませんので、docomoのiPhoneを使って進めていきましょう。

iPhone8 Plus 256GB ジャンク

 こちらヤフオクで買ってきたdocomoのiPhone8です。激安ジャンクなのでいろいろやばいですが、日常使いには全然問題ありません。ネットワーク制限も○の優良ジャンクと言えるでしょう。

 これを使ってSIMロック解除を試してみましょう。


dアカウント作成


dアカウント

dアカウント – NTT DOCOMO

 SIMロック解除の申請はMy docomoで行うのですが、これにログインするのにdアカウントが必要になりますので、持っていなければ作っておいてください。

 元々docomoのユーザーでなくても、docomoのiPhoneはMy docomoからSIMロック解除を行いますので、dアカウントが必要です。

My docomoでSIMロック解除を申請


My docomo

My docomo

 先ほど作ったdアカウントを使って、My docomoにログインします。

My docomo - 契約内容・手続き

My docomo - SIMロック解除

 ログインしたら、上部メニューから「契約内容・手続き」→「その他」→「SIMロック解除」→「お手続きする」を選択してください。


My docomo - お客様情報の登録

 次に初めてMy docomoを使う場合はここで「お客様情報の登録」を行います。ニックネームと持っている機種、メールアドレスを登録します。


My docomo - オンライン手続き SIMロック解除

 登録が終わったら「ドコモオンライン手続き」のページに自動で飛びます。下の方の「SIMロック解除」を選択してください。


My docomo - 2段階認証

 すると、次のページで2段階認証が行われます。先ほど「お客様情報の登録」したメールアドレスにセキュリティコードがメールで送信されますので、確認して入力してください。


My docomo - SIMロック解除手続き

 SIMロック解除の手続き内容を入力します。iPhoneのIMEIを入力して完了させてください。


My docomo - ドコモオンライン手続き受付メール

 手続きが完了したら、「ドコモオンライン手続き」の受付メールが来ます。これでSIMロック解除の「申請」は完了しました。

 この時点では、まだSIMロック解除の受付が終わっただけですので注意してください。最後にSIMロック解除を完了させる必要があります。

SIMロック解除を完了する


 SIMロック解除を完了させる方法は2つあります。一つはdocomo以外のSIMカードを挿して、iPhone上でApple IDにサインインすること。もう一つはiTunesを使って、「iPhoneの復元」(初期化)を行うことです。

 今回は手元にdocomo以外のSIMカードがないので、iTunesで「iPhoneの復元」(初期化)をしました。先にバックアップをしておけば、使用中のiPhoneでもSIMロック解除を完了することができます。


iTunes iPhone8

 USBでPCに接続して、iTunesのiPhoneのアイコンを選択します。


iTunes iPhoneを復元

 iPhoneの個別ページになったら「iPhoneを復元」を選択します。選択後「復元」のみか「バックアップ+復元」か選べるので、使用中のiPhoneであれば「バックアップ+復元」で良いと思います。


iPhoneのSIMロックが解除されました

 最後にiPhoneのSIMロック解除されたことが表示されます。これでSIMロック解除は完了しました。

 この後、使用中のiPhoneの場合だと、先ほど保存したバックアップからデータを戻せば、元通り使えるようになります。



 2019年3月9日時点ではまだdocomoだけですが、キャリアからの直接の購入者じゃなくてもSIMロック解除できるようになりました。中古を買うときにはdocomoを狙えば、AppleのSIMフリー機よりも安く買えますし、自分でSIMロック解除してしまえば他社ユーザーでも使えるようになります。売るときにもSIMロック解除してから売れば、若干高く売れるのではないでしょうか。

 経済産業省がSIMフリー化に力を入れていますし、auとSoftBankもその内docomoと同じようになるでしょう。あとは利用料金ですね。海外ではすごく安いらしいですし、今後日本でも安くなってくれると良いのですけれど。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください