QR Code Business Card

Facebookが新機能「グラフ検索」を発表!友達とのつながりから検索!

 Facebookは1月15日のイベントで、Facebook内の友達のつながりに基づいた新しい検索機能「グラフ検索」を発表しました!


グラフ検索は友達を含めたつながりの中から検索する


グラフ検索 - Facebook

グラフ検索のご紹介 – Facebook

 Google検索との最大の違いは、Facebook内の友達とのつながりの中から、入力されたキーワードの検索を行うことです。

 つまり、友達が投稿した写真・場所・物などや「いいね!」をつけたものの中から、キーワードとの関連性を探すのがこの「グラフ検索」です。



 グラフ検索の特設ページを見る限り、検索というよりは、どちらかと言うとフィルターに近いかもしれません。

 友達を含めた自分に関連するFacebookの全情報の中から、「サイクリングが好きな人」「ニューヨークの友達の写真」「1990年以前の写真」「ロンドンのレストラン」などでフィルターをかけるイメージですね。

 場所だったら「いいね!」しているかどうか、友達が訪問したかどうかといったような、さまざまなフィルターが用意されているそうです!

 友達の投稿やオススメの中を検索することになりますので、とてもFacebookらしい機能だと思います。逆になんで今までなかったのか不思議です。




検索はFacebookグラフ検索+Google検索が理想的


 本当は、このFacebookのグラフ検索とGoogle検索を、同時にキーワード検索して、結果を一緒に表示してくれるとありがたいんですよね。

 「自分や友達の関連がある検索結果」と「一般的な検索結果」は違う切り口ですし、友達に対して新しい発見があったり、話すきっかけにもなります!

 その内、FireFoxアドオンやChrome拡張で、そういった検索結果を一覧表示するプラグインがでそうです。もしかしたら公式プラグインで出るかもしれませんねー期待したいです。




グラフ検索で「リアルな情報」が手に入る!


 さらにこのグラフ検索では、誰がなにに詳しいのか、簡単に知ることができるようになります。

 通常であれば、知りたいことがあったらGoogleで検索して、その知りたかったことについて書いてあるwebサイトを複数読むという流れでした。

 しかし、このグラフ検索では、そのキーワードについて「誰がその情報を持っているのか」を知ることができるようになりますので、そのまま情報を持っている人に話を聞くことができます。

 そのため通常の検索よりも、もう一歩踏み込んでリアルな情報を集める助けになるのではないでしょうか。

 新しい切り口が増えると考えると、情報を発信するという面で、Facebookが強化されると考えいいでしょうね。ビジネス面でも使えますね。




グラフ検索をいち早く試したいならベータ登録しよう!


 Facebook グラフ検索 ベータプログラム登録
(特設ページ下部に、このような登録ボタンがあります)


 現在グラフ検索は、米国の英語版でのみ限定ベータ版として提供されていますので、日本での導入はまだ先のようです。

 グラフ検索をいち早く試したい方は、上のグラフ検索特設ページの下部からベータプログラムへ登録しておきましょう!



 Facebook グラフ検索 ベータプログラム 登録リスト追加

 グラフ検索のベータプログラムへ登録しておくと、利用開始時にお知らせを表示してくれるそうです!






 友達のつながりの中から検索するのは面白そうですよね!グラフ検索が導入されるまで数ヶ月かかるそうなので、気長に待っていましょうか。






SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)