QR Code Business Card

簡単自動バックアップマニュアル1!ファーストサーバのような突然のデータ消失に備える!

 ファーストサーバで起こった突然のファイル消失事件は、サーバー会社の頼りなさを露呈した事件だと思います。サーバー会社の言うバックアップなど、ほとんど意味がないことが発覚しました。こうもサーバー会社が頼りないと、このようなとんでもないことになる前に、今後は自分でバックアップを強化しておく必要がありますね。

 かといって手間を増やしたくありませんので、できるだけ簡単に済ましたいものです。今回は簡単な設定で、定期的に自分のPCに自動バックアップを取る方法を紹介します。フリーソフトを使いますので、無料でできます!これで十分な方も多いと思いますので、ぜひお試し下さい!


●連載記事
簡単自動バックアップマニュアル1!ファーストサーバのような突然のデータ消失に備える!
簡単自動バックアップマニュアル2!データベースも自動バックアップ

 本記事は連載記事です。関連する記事は上のリンクからご覧下さい。




サーバーデータの自動バックアップの概要

 FTPでサーバーにアップロードするファイルに対して、FTPソフトを自動で動かし、サーバーのデータを定期的にPCにダウンロードする方法を説明します。FTPのソフトは有名なフリーソフトのFFFTPを使います。

 流れとしては、FFFTPはコマンドラインで動作しますので、WindowsのタスクスケジューラにFFFTPの動作を登録して、定期的に自動でPCにバックアップを取るように設定します。


FFFTPのインストール


 FFFTP - SourceForge.JP

FFFTP – SourceForge.JP

 有名なフリーソフトFFFTPをダウンロードしてインストールして下さい。





ホストの設定


新しいホストの設定

 メニューのコンセントのアイコンか、「接続」をクリックして、「ホスト一覧」を表示して下さい。





新しいホストの設定

 「新規ホスト」をクリックして、バックアップ用の設定を作成します。





新規ホスト設定

 バックアップ実行用に、ご自身のサーバーのアドレス、ユーザー名とパスワードを使って、新しいホストの設定を行って下さい。ここでの初期フォルダの設定は、バックアップ元とバックアップ先の設定になります。





タスクスケジューラーに登録


タスクスケジュラー

 タスクスケジューラーはWindowsの標準機能で、スケジュールを決めてソフトを実行してくれます。Windows7の場合「スタート」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「タスクスケジューラー」から設定できます。

 WindowsXPの場合「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「タスク」→「スケジュールされたタスクの追加」で同様の機能が設定できます。

 今回はWindows7においての設定を説明をします。





タスクスケジューラー タスクの作成

 タスクスケジューラーを起動して、右のメニューから「基本タスクの作成」をクリックします。





基本タスクの作成 名前と説明入力

 名前と説明の入力をしてください。





基本タスクの作成 タスクトリガー

 どのタイミングで起動させるのかを決定します。





基本タスクの作成 毎週の設定

 「毎週」を選択すると、このように「毎週日曜日」や「毎週月曜日と土曜日」など、曜日の設定も可能です。





基本タスクの作成 操作の実行を選択

 タスクでどの操作を実行させるかを選択します。今回は「FFFTP」を動かしますので、「プログラムの開始」を選択して下さい。





基本タスクの作成 プログラムの開始と引数の追加

 「プログラム/スクリプト」には、FFFTPの実行ファイル(FFFTP.exe)を、自分のPCにインストールした位置に合わせて設定して下さい。

入力例:
“C:Program Files (x86)ffftpFFFTP.exe”


 「引数の追加」には、FFFTPのコマンドオプションを入力します。

入力例:
-s “bktest” -d -f -q

 それぞれ下記のように動作を表しています。

オプションの説明:
-s : 接続するホストの設定名を指定する
-m : 接続後ミラーリングアップロードを行う
-d : 接続後ミラーリングダウンロードを行う
-f : ミラーリング開始の確認をしない
-q : ミラーリング終了後、FFFTPを閉じる


 「bktest」というのは、FFFTP上で実行する「ホストの設定名」ですので、ここはそれぞれご自身で入力された、「ホストの設定名」に合わせて変更して下さい。





基本タスクの作成 設定完了

 最後に「完了」をクリックして設定完了です。





タスクスケジューラーの実行テスト

 では実際に設定がうまくいっているか、テストしてみましょう。先ほど設定したタスク名を選択して、右のメニューより「実行」をクリックしましょう。

 いかがですか?FFFTPが自動的に起動して消えましたか?サーバーのファイルがダウンロードされていれば成功です。




おわりに
 説明が長いですが、慣れてしまえば簡単な作業なので、がんばってみてください。今回はFTPでアップロードするファイルのバックアップでしたが、データベースが使われているサイトも多いと思いますので、次回は簡単なデータベースのバックアップ方法を書きたいと思います。





●連載記事
簡単自動バックアップマニュアル1!ファーストサーバのような突然のデータ消失に備える!
簡単自動バックアップマニュアル2!データベースも自動バックアップ

 本記事は連載記事です。関連する記事は上のリンクからご覧下さい。







SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)