QR Code Business Card

Windows 8の新機能で遊ぶ1!「まずは仮想環境を準備しよう」

 ついにMicrosoftが「Windows 8 Release Preview」リリースされました!これは製品版に限りなく近いバージョンです。タブレットPCを意識したOSという話ですので、使い勝手という点ではWindows7とは考え方が全く異なるOSのはずです。早速、仮想環境にインストールして新機能で遊んでみましょう!


連載記事
Windows 8の新機能で遊ぶ1!「まずは仮想環境を準備しよう」
Windows 8の新機能で遊ぶ2!「仮想PCにWin8をインストールする」
Windows 8の新機能で遊ぶ3!「Metro UIやIE10、Win8の新機能を試す!」

 本記事は連載記事です。他の関連記事につきましては、上記のリンクからご覧下さい。



Windows8 metro



Windows 8をダウンロードしよう!
Windows 8 Release Preview ISO イメージ
Windows – Microsoft
Windows 8 Release Preview ISO イメージ ダウンロードページ

 それでは「Windows 8」で遊ぶための準備をしましょう!まずは「Windows 8 Release Preview」のISOイメージファイルをダウンロードします。



Windows 8 Release Preview ISO file

 このように「Windows 8 Release Preview ISO イメージ」の中央付近のリンクから、Windows8のインストール用ISOファイルをダウンロードできます。また同じ箇所にインストール用のプロダクトキーが表示されています。あとで使いますのでメモしておきましょう。



仮想環境を準備しよう!
 今回は仮想環境を用意し、それにWindows8をインストールして、お手軽に試してみたいと思います。

 仮想環境は、「Oracle VM VirtualBox」を使います。インストールしたPC上に仮想的なPCを作成するソフトです。仮想PC上でUSBも使えるんですよ!しかも無料です!ありがたやーですね。


1.Oracle VM VirtualBoxをダウンロードする

VirtualBox Download

Oracle VM VirtualBox ダウンロード – ORACLE

 こちらのオラクルのサイトから、「Oracle VM VirtualBox」をダウンロードして下さい。インストールディスクさえあれば、複数のOSを入れることができますので、便利ですよー。



2.Oracle VM VirtualBoxをインストールする

VirtualBox file

 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行してください。



VirtualBox インストール01

 VirtualBoxのインストールを開始します。



VirtualBox インストール02

 VirtualBoxの機能を選択します。通常なにも触らず「Next」をクリックしてください。



VirtualBox インストール03

 ショートカット作成の選択です。「Next」をクリック。



VirtualBox インストール04

 「Yes」をクリック。



VirtualBox インストール05

 「Install」をクリック。



VirtualBox インストール06
VirtualBox インストール06_01
VirtualBox インストール06_02
VirtualBox インストール06_03

 ファイルのインストール作業が始まります。途中VirtualBox用のドライバーがインストールされるときに、警告がでますので、「インストール」をクリックして下さい。



VirtualBox インストール07

 Oracle VM VirtualBoxのインストールが完了しました!



3.Oracle VM VirtualBoxに仮想PCを作成する

VirtualBoxに仮想PCを作成する

 続いて、「Oracle VM VirtualBox」に先ほどダウンロードした、「Windows 8 Release Preview」のISOファイルを使ってインストールを行います。これにより、Windows8の仮想PCが作成されます。

 まずは仮想PCを作成しましょう。VirtualBoxを起動して、新規のアイコンをクリックして下さい。



VirtualBoxに仮想PCを作成する02

 「次へ」クリック。



VirtualBoxに仮想PCを作成する03

 仮想PCの名前を適当に入力し、OSのタイプを設定します。先ほどダウンロードしたWindows8の場合、32bitか64bitをファイルに合わせて設定して下さい。



VirtualBoxに仮想PCを作成する04

 仮想PCに割り当てるメモリの大きさを設定。Win8の場合タブレットPCでも動くんだし、適当に2GB程設定。



VirtualBoxに仮想PCを作成する05

 「次へ」をクリック。



VirtualBoxに仮想PCを作成する06

 仮想PCのファイル形式の設定です。そのまま「次へ」クリック。



VirtualBoxに仮想PCを作成する07

 「次へ」をクリック。



VirtualBoxに仮想PCを作成する08

 仮想PCのディスク容量の設定です。Windows8は20GBほど必要らしいので、そのまま25GBで「次へ」をクリック。他のOSをインストールするときは、それに合わせて容量を変更して下さい。



VirtualBoxに仮想PCを作成する09

 「Create」をクリックで仮想PCの設定が完了です。



 ちょっと長くなりそうなので、記事を分けます。
 
 次回は作成した仮想PCに、Windows8をインストールします。



次の記事はこちら
Windows 8の新機能で遊ぶ2!「仮想PCにWin8をインストールする」





 

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)